犬式 - Life is Beatfull - Live @ 頂(360 VR 4K Video)

Yoga Ambient 詳細はクリック

Fly High Dive Deep 詳細はクリック

店主・三宅のメルマガ「感覚と科学」

店主・三宅のブログ「三宅日記」

マハラニ|ヘナシカ洗髪粉|100g

1,700円
※この価格には消費税が含まれています。

ハーブシャンプーのスペシャルシリーズが登場。ヘナ、シカカイ、ハイビスカス、リタ、ニームなど11種のインドハーブとジャタマンシオイル配合。インドハーブ独特の香り、香る髪とは異なる仕上がり感、使用感をお楽しみください。





従来の香る髪シリーズは、使用感の香りと仕上がりをより重視した配合で、できる限りインドハーブの癖のある匂いを緩和させ、心地よい香りに仕上がるようにした製品です。

それに対し、ヘナシカ洗髪粉は希少ハーブである「ジャマタンシ」の根油が配合されています。このジャタマンシは伝統的なインドハーブそのものの特徴的な香りで、オリエンタルなインセンスの香りなどのイメージに近く、好みが分かれるかもしれませんが、(乾いた後には、ほとんど香りが残りません)従来のハーブシャンプーとの仕上がりの感覚の違いをお楽しみください。



ハーブだけの、シンプルなヘアケアをご提案します

髪は洗いすぎると色々と不具合になりやすいため、「あまり洗うものではない」と、昔より先人たちが言い残しています。 ところが現代人は「清潔にしなくちゃ!」と毎日洗髪し、髪や頭皮の不具合に苦しんでいるようです。

マハラニのハーブシャンプーは、毎日髪を洗う癖から抜けるための製品で、「ほとんど髪を洗う必要がなくなるように」というコンセプトで製造されている、「使えば使うほど、使わなくなるシャンプー」です。 一般的なシャンプーとは概念がまったく異なり、使い始めは戸惑うこともあるかもしれませんが、継続して使い続けていくうちに、「洗わない」ことがどれだけ気持ちいいことなのか、体感いただけることでしょう。

ハーブを粉末にしただけのものなので、環境にも体にも安心してご使用いただけます。ハーブだけの爽快な洗いあがりを、是非ご体感ください。



髪と頭皮のための、11種のインドハーブを配合


シカカイ 成分名:アカシアコンシナ果実。野生のシカカイを使用。天然の石鹸成分サポニンが豊富に含有され、頭皮と髪を洗浄し、髪をサラサラに仕上げるトリートメント。




アムラ 成分名:アンマロク果実。野生のアムラを使用。髪にハリとコシをつけ、頭皮と髪を清潔に保ちます。シカカイと一緒に使うことで、絶妙な仕上がりになります。マハラニ・アムラを配合。



カッシア 成分名:カッシアイタリカ。「ニュートラルヘナ」とも呼ばれ、髪への着色作用はないが洗浄作用とトリートメント作用。



ムルタニミッティ 成分名:フラー土。微細な泥の塊を粉末にしたもので、洗浄作用とトリートメント作用がある。



リタ 成分名:ムクロジ果実。天然の石鹸成分サポニンを含有、高い洗浄力で頭皮と髪を清潔に保つ。



ジャスワンド 成分名:ブッソウゲ。インドではジャスワンドと呼ばれる花の粉末には、髪に潤いを与える作用があるため髪の癖を抑えます。



ブリンガラジ 成分名:タカサブロウ。「ブリンガラジ」とはインドでは「真っ黒な虫のような色にするもの」という意味。ヘアケアでは美しい髪のために活用。



カチュールスガンディ 成分名:バンウコン根。カチュールの根を乾燥させると特有の芳香が漂います。インドでは、ヘアケア、スキンケアに活用されてきました。



ブラーミ 成分名:ツボクサ。ブラーミは脳を活性化するハーブとして注目されている。ヘアケアにあっては、美しい髪のために活用される。



ニーム 成分名:アザジラクタインジカ(メリアアザジラクタ)。清浄作用に優れ、頭皮や髪を清潔に保ちます。



ヘナ 成分名:ヘンナ。ハーブシャンプーにヘナが入ることで、トリートメント効果が向上。ただし、ヘナの配合量が少ないため、白髪は染まりません。



※香り成分として、ジャタマンシ(成分名:カンショウコウ根油)を配合しています。

※水溶きした際、たまに、多少の繊維質やシカカイの種が粉砕されたものが、ハーブ液中の、多少のザラつきとして感じられる場合がありますが、仕上がりや使用には問題がありません。



【全成分】(和名):アカシアコンシナ果実、アンマロク果実、カッシアイタリカ葉、フラー土、ムクロジ果実、ブッソウゲ花、タカサブロウ葉、バヌウコン根、ツボクサ葉、アザジラクタインジカ(メリアアザジラクタ)葉、ヘンナ、カンショウコウ(ジャタマンシ・スパイクナード)根油。

内容量:100g

※化学的に製造された薬品類などは一切有されておりません。100%天然のハーブシャンプー粉です。
※香る髪粉末を水溶きした際、たまに、多少の繊維質やシカカイの種が粉砕されたものが、ハーブ液中の、多少のザラつきとして感じられる場合がありますが、仕上がりや使用には問題がありません。



ハーブシャンプーの使い方


泡はたちません。ハーブだけの爽快な仕上がりをぜひお試しください。




パッチテスト(皮膚試験)をする
ハーブシャンプーをする際には事前に必ずパッチテストを行い、アレルギーのないことをご確認ください。ハーブシャンプー粉を少量溶き、腕の内側の柔らかい部分に、10円玉くらいの大きさに塗ります。そのまま放置し、48時間経過しても異常が出ない場合は、お使いいただけます。ただし、皮膚試験で異常がなくても、使用中、異常を感じた場合は、すぐにお湯で洗い流し、様子をみてください。




お湯にさっと溶かして、すぐに使います
お風呂場で、お湯にさっと溶かしてすぐに使いましょう。ドレッシングキーパーなどの容器に適量のハーブシャンプー粉末をいれ、お風呂場のお湯を入れてよく振りながら、ハーブシャンプー液を作り、そのまま使います。香る髪の場合はヘナの配合量が多いため、長時間放置しますと手が薄っすらと汚れる場合がありますので、注意してください。




ハーブ液は乾いた髪につけます
市販のシャンプー類のやり方と大きく違う点は、髪が乾いた状態でハーブ液をつけるということです。髪を濡らしますと、ハーブ液が垂れやすくなるからです。




洗いたいのは頭皮…髪をかきわけハーブシャンプー液を頭皮にしみこませながらマッサージ
ハーブシャンプー液が出来たら、お風呂場で乾いた髪の状態の頭皮にハーブ液をしみこませるように塗り、頭皮マッサージを行います。マッサージで頭皮の血行が促進され、地肌改善につながります。頭皮全体にハーブシャンプー液が行き渡ったら、頭の上からお湯を少しかけ、もみながらハーブ液を髪全体にのばしていき、最後にお湯をかけて洗い流します。ハーブシャンプーを使い始めの頃は、マッサージ中に髪がきしむような感じがするかもしれませんが、洗い流して乾燥させますと、髪の痛みが進んでいなければ、通常は髪がサラサラに仕上がります。


使用量の目安
あくまでも例に過ぎませんが、髪の長さが肩ぐらいで、量が普通の場合、約大さじ1杯程度のシャンプー粉をコップ1杯(約100〜150cc)程度のお湯に溶かして使用します。 ハーブ洗髪後、頭皮がすっきりしない場合は粉の量を増やし、逆に髪がぱさついたり乾燥する場合は量を減らしたりするなどして、いろいろためしてみてください。

ご使用の量やお湯の量は、頭皮の状態や仕上がりの好み、洗髪頻度などにより違ってきます。また、季節や体調によっても変化してくるので、多くしたり、少なくしたりして、ご自分の適量をみつけてください。


使用上のご注意
ハーブシャンプーに配合されている「シカカイ」というハーブには天然のサポニン石鹸成分が豊富に含有されていますので、目に入るとかなり沁みて痛いです。「目に入っても害はない」と昔からインドでは言われておりますが、充血しますので目には入らないよう、十分ご注意ください。
洗髪の前に髪を濡らしますとハーブ液が垂れやすくなりますので、乾いた髪の状態でハーブ液をつけるようにしましょう。


植物アレルギーについて
100%の天然成分であっても、まれに植物アレルギーなどの反応が出る場合がありますので、初めてご使用になる前に必ず皮膚試験(パッチテスト)を行ってください。また、植物アレルギーなどのご心配がある方、化学染毛剤などでかぶれたことのある方は特にご注意ください。お肌に合わない場合は、ご使用をおやめください。



【使用上のご注意】

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。
パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。
お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合
(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合
傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
ハーブ液を目に入れないように注意して使用してください。
製品に配合されている「シカカイ」というハーブには天然のサポニン石鹸成分が豊富に含有されており、目に入るとかなり沁みて痛いです。「目に入っても害はない」と昔からインドでは言われておりますが、充血する場合がありますので、洗髪中、ハーブシャンプー液が目には入らないよう、十分ご注意ください。
目に入ったときは、直ちに洗い流してください。
特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。
高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。



Q&A

【 Q 】 泡がたたなくても髪は綺麗に洗えますか?

【 A 】 シカカイというハーブには天然の石鹸成分サポニンが含まれており、天然の石鹸成分が髪を洗浄しますので、綺麗に洗うことができます。

シカカイに含まれる天然の石鹸成分サポニンは洗浄作用、殺菌作用に優れると言われており、髪をさらっとしなやかに仕上げるトリートメント作用があります。
泡がたたず、使用感も石鹸や通常のシャンプーとはまったく異なりますが、泡が立たずとも髪が洗えているという感覚を、ぜひ一度お試しください。


【 Q 】 トリートメントやリンスはありますか?

【 A 】 ハーブシャンプーの後は、トリートメントやリンスをする必要はありません。

ハーブシャンプーの後に、アムラでトリートメント(リンス)することはありますが、それは市販のトリートメントやリンスの概念とは違い、髪にボリュームがほしいなどの特別な場合になります。
ハーブシャンプーに配合されているシカカイやヘナには天然のトリートメント作用があるため、シャンプーの後にトリートメントやリンスをする必要はありません。


【 Q 】 ヘナを入れたハーブシャンプーを使っていくことで、徐々に白髪は染まりますか?

【 A 】 ハーブシャンプーは髪を染めるものではありませんので、基本的に白髪は染まりません。

ヘナの配合率の高いハーブシャンプー香る髪をご使用になって、稀に手や爪が汚れる、あるいは長年使用していて髪が赤っぽく光るようになったとおっしゃる方はいらっしゃいますが、白髪を染めるには高濃度のヘナが必要なため、ハーブシャンプーを使用していて白髪が染まることはありません。
ただし、ヘナの配合率が高い香る髪を使用していると、ヘナをされる際にノリがよくなりますので、おすすめです。


【 Q 】 パーマ後にハーブシャンプーしたら、髪がごわごわしてバサつく

【 A 】 パーマやカラーリングなどと、ヘナやハーブシャンプーとの両立は、難しいです。

香る髪などのハーブシャンプーでは、痛んだ髪を修復する作用はありません。

手触り感を取り戻すためには、ヘナをトリートメント剤として使用されるのが一番ですが、カラーリングされた明るい色の髪にヘナをしますと、赤味が入ります。色を重視される場合は、ヘナも使えません。


【 Q 】 ヘナシカ洗髪粉とハーブシャンプー香る髪はどのような違いがありますか?

【 A 】 香りの点、仕上がりの点で違います。

香る髪シリーズは使用感の香りと仕上がりをより重視した配合で、できる限りインドハーブの癖のある匂いを緩和させ、心地よい香りに仕上がるようにした製品です。 それに対し、ヘナシカ洗髪粉は希少ハーブである「ジャマタンシ」の根油を配合しているため特徴的な香り、伝統的なインドハーブそのものの香りを放っており、このジャタマンシの香りは特徴的で、好みがわかれます。
一般的に、長くハーブシャンプーを使いこなしたお客様や、年配のお客様はヘナシカ洗髪粉を好まれる傾向がありますが、選択のポイントが主に「好み」によるため、まずはお試しいただきませんと、お客様にあっているかどうかはわかりません。


【 Q 】 ハーブシャンプーを使うと髪がきしみますが、対策はありますか?

【 A 】 ハーブシャンプーの使い始めは、髪がきしむことがあります。

髪が傷んでいたり、油切れを起こしている場合に、そうなることが多いようです。
特に、ストレートパーマをあてている状態でハーブシャンプーをご使用になりますと、髪がきしみ、櫛が通らないほど髪がゴワゴワになることがあります。
市販のシャンプー剤はコーティング剤が配合されており、痛んだ髪でも気にならずに洗髪できサラサラに仕上がりますが、香る髪などのハーブシャンプーは自然のハーブ100%のためコーティング剤などが配合されておらず、髪が傷んでいる場合はギシギシときしんだり、指通りが悪かったり、洗髪後に髪がバシバシになったりします。

対策1 オイル頭皮マッサージ
髪が油切れを起こしている場合は、ハーブシャンプー前にヘッドマッサージオイルなどの良質なオイルで頭皮マッサージをすると、油分が補われ、きしみが緩和することがあります。

対策2 ヘナを3回ほど行う
ヘナには髪をトリートメントする作用がありますので、毎週お休みの日に3週連続くらいで行いますと、手触りなどが大分と改善する場合が多いです。
ただし、これも髪の痛み具合によります。
かなりひどく傷んでいる場合は、ヘナをしても十分に改善しない場合があり、傷みきってしまった毛は切るしかないこともあります。
一般的に髪が傷んでいる場合は、初回のヘナで逆に髪の仕上がりが悪い場合がありますが、1回であきらめず、毎週1回を3回くらい続けてヘナを行いますと、3回目くらいから改善してくる場合が多いです。

髪や頭皮の状態が整ってくると、きしみなどは徐々になくなってきますので、オイルマッサージをしたり、ヘナをしたりして、健康な髪を目指しましょう。



マハラニ ヘナ

ヘナの産地にてヘナを見つづけて十余年

インド・ラジャスタン地方の雨季が明ける9月以降、急激に乾燥が始まり、ヘナの葉がうっすら茶色っぽく変色し始めると、一斉にヘナの収穫が始まります。マハラニは、現地でのヘナの葉の買い付けはもちろんのこと、「化学薬品ゼロ宣言」の工場で生産しており、よりよいヘナをいかに皆さまにお届けするかを、日夜考えています。また、ヘナの産地での工場環境を向上させ、若い人材にも働きやすい環境づくりを考えています。

作業者のユニフォームは、地元の服飾文化を考慮しながら提携工場と検討を重ね、アートビーングが提供。残業が発生した場合は時間給割り増しの提案などを行い、賃金面でも改善を実施、さまざまな努力を行った結果、若く活力のある地元のスタッフを確保することができるようになり、作業効率が向上し、なによりもスタッフ全員で、気持ちのよい生産をしています。




シンプルなヘアケア、スキンケアをご提案しています
現代人は手をかけすぎるが故に、髪や頭皮、お肌のトラブルに見舞われて、悩みの原因になっていたりします。
マハラニは、古来より使用されてきたインドのヘアケア、スキンケアを日本の皆さまにご提供し、シンプルライフにつながる、シンプルなヘアケア、スキンケアをご提案しています。



マハラニ製品は化学薬品ゼロ宣言の工場で生産

マハラニ製品を製造しているインド現地企業SMHEENA社では薬品類は一切扱っておりません。
工場敷地内には薬品は一切ありませんので、混入する心配もありません。
一般的に、インドのヘナ関連の工場では薬品入りのヘナと薬品入りでないヘナが生産されており、両方の製品が同じラインにて(同じ機械を使用して)製造されていることも少なくありません。そのため、なにかの手違いにて薬品が混入してしまう心配があります。
マハラニ製品は「化学薬品ゼロ宣言」の工場で生産していますので、ご安心ください。

この商品のレビューはまだありません。



えがおの力

Bee Eco Wrap

INUSHIKI

パーマカルチャー

小森温泉前店

オーガニックオリーブオイル「れなり」について

会員制メルマガ感覚と科学

三宅商店クラウドファウンディング2021





その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

店舗情報

営業時間:10:00-17:00 
定休日:水曜・第3日曜

住所:〒709-2404 
岡山県加賀郡吉備中央町小森1881

カスタマーサポート:0867-34-9030 
※当面は留守番電話対応となります。   

古物商許可証番号:   
岡山県公安委員会 第721030024316号

配送について

レターパックで送れる商品に限り、全国一律520円。
(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から7日以内(定休日を除く)の発送です。
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>