犬式 - Life is Beatfull - Live @ 頂(360 VR 4K Video)

Yoga Ambient 詳細はクリック

Fly High Dive Deep 詳細はクリック

店主・三宅のメルマガ「感覚と科学」

店主・三宅のブログ「三宅日記」

<PDF版>三宅洋平マガジン『感覚と科学』32号/33号|ダムネーション

540円
※この価格には消費税8%が含まれています。

2018年10月配信の2号をまとめてPDF販売!


三宅洋平が贈るメルマガ「感覚と科学」の10月配信分2号を、メールにてPDFデータを添付してお届けいたします。
PDFが開けるメールアドレスにてご注文ください。
音声や動画のコンテンツが収録されている号では、PDFデータ内のURLをクリックするとお楽しみいただけます。


<ご注文の際の注意点>

・他の商品と一緒にご注文いただけません。
・クレジット決済及びゆうちょ銀行振込のどちらかのお支払い方法になります。
・「配送方法」は「eメール」をお選びください。





三宅洋平メディアの中心円となるメルマガ「感覚と科学」。2度の選挙フェスを経て、音楽と社会をつなぐメインフィギュアとなった三宅洋平マガジン。
彼の目に映る政治のリアルなど、ここでしか語られない話、彼と仲間達による政策アジェンダの遂行、パーマカルチャーな実践や見聞の旅、様々な社会活動報告、バーチャル討論会まで、テキストだけにとどまらないマルチコンテンツマガジン。 映像番組・音楽の話題・音源・ポッドキャストトーク番組・デジタルフォトアルバムなど、読者との Q&Aやコミュニケーションから社会変革に必要なリサーチやデータを集める「集合知」としてのメディア形成も試みる。頭の中身から音楽まで、最速出しのチャンネル。





◆32号




━《目次》━━━━──────

0.颱風、意外と逸れたね。
1.『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(音声)
2.三宅商店のイチオシ
3.談話室

━━━━━━━━━━━━━━━


まぐまぐ配信日:2018年10月5日
ページ数:A4 7ページ
編集:「感覚と科学」編集部



2018年10月5日発行、
三宅洋平マガジン「感覚と科学」32号より、中身を一部をご紹介します。

……………………………………………………………


だからやっぱり、地域を良くしていくって時に、そこのコミュニティーの中にいる人たち、村人たちが、どれだけやっぱりそのビジョンに向かって本気になっていくかっていうのが、凄い結局は肝になっていくんだなと思ってます。

(『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(音声)より一部文字起こし)

……………………………………………………………

そんなこんなで、犬式暮らしの最中に、岡山を度々訪れたポートランドのマット・ビボウとのトークセッションを音声でお届けします。
8月30日に吉備中央町で開いた上映会。

https://www.facebook.com/events/257647591511421/
1万人の過疎の山の町に、今、移住者も増えてるし、訪れる人も増えてきてる。
この日も、120名を超える来場者で、吉備中央町役場の隣のロマン高原の小ホールは埋まった。
「人を集めるなら岡山市内で開催したほうがいい」
という意見もあったけれど、人が集まりやすいところでやるなら、別に僕らじゃなくていい。
人が集まらないで困ってる場所へ、人が集まる理由を作るのが、エッジに立つ僕らの仕事だと思ってる。

(10月5日発行、三宅洋平マガジン「感覚と科学」32号「颱風、意外と逸れたね。」より)

……………………………………………………………

やっぱり、何か素晴らしいアイディアがあっても、凄い身構えて拒絶反応を起こしちゃうって、世の中ってあると思うんですね。人間って、ちょっと身構えちゃって全否定しちゃう。
でも、この映画でいいたかったのは、ダムを無くすってことではなくて、みんなの為になってない物なんだったら無くしていこうよっていうことですよね。

(『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(音声)より一部文字起こし)
……………………………………………………………

循環していく、自然を征服するような社会形成ではなくて、自然と共生して、ちゃんと循環していく、「サスティナブル」っていう言葉を近ごろよく使いますけれども、サスティナブルで、生きる力をみんながもっと取り戻していけるような社会構築っていうのは、どうやっていくんだ? っていうのも、『パーマカルチャー』から色んなヒントが学べると思います。

ただ、『パーマカルチャー』っていうのは、実は『パーマカルチャー』を世界でやってる人たちに聞くと、「いや、日本の江戸時代がそもそも『パーマカルチャー』として一番手本になる」って、外国の人に教わるくらい、日本の元々の農的ライフスタイルっていうのは、凄く『パーマカルチャー』なんですよね。
人糞まで畑にまいて食べ物に還元してたのは、当時世界でも日本だけだったっていうことなので、だからそういう意味では、僕らからするとどこか懐かしいものでもあるんですけれども。

(『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(音声)より一部文字起こし)


▷▷▷▷▷▷◁◁◁◁◁◁



◆33号




━《目次》━━━━──────

0. 輿守り、行って来まーす。
1. テキスト版『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(前)
2. テキスト版『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(中)
3. テキスト版『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(後)
4. 三宅商店のイチ押し
5. 談話室

━━━━━━━━━━━━━━━


まぐまぐ配信日:2018年10月20日
ページ数:A4 29ページ
編集:「感覚と科学」編集部


2018年10月20日発行、
三宅洋平マガジン「感覚と科学」33号より、中身を一部をご紹介します。

おはよう。

今日は間も無く、
地元の化氣(けき)神社の神輿を担ぎに行ってきます。
900年の歴史を持つ、加茂大祭。

人生初の輿守りだよ。
とても楽しみで、
そして少し、緊張している。

(三宅洋平マガジン「感覚と科学」33号「輿守り、行って来まーす。」より)

……………………………………………………………

『パーマカルチャー』のデザインの戦略として、人間っていう存在がその土地の害になるのではなくて、そこに何かをもたらし得る、そういう存在としてデザインしていきましょうと。
自分たちで存在していきましょうと。

そもそもですね、人間がいると生物の多様性が削がれるだとか、それが失われるっていうことが、大前提として我々の中になんとなくあるかもしれないけれど、そうじゃなくて、我々がいるからこそ、植物・動物の多様性がもっと増えるような、そういう存在でありましょうよ、と。

(三宅洋平マガジン「感覚と科学」33号『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(文字起こし)』より抜粋)
……………………………………………………………

で、全部の写真で出てくる人たちが、手を繋いでいることが凄い重要だと思うんですけど、実はその知らない人同士が、本当にそのプロジェクトに関して、全員一致して手を繋ぐまでの間に、さっきの映画も短縮版でしたけど、つまりそこのプロセスが実はめちゃ大事だから、彼(マーク・レイクマン)が言うのは「結果ができなくても、5年間それについて話し合ったら、ある意味それがゴールだ」っていうことも言ってるんですよ。

で、「僕が僕の近所でできるストーリーは、あなたにもできるでしょ」っていうところが、さっきマットが言った、バタフライ効果の肝で。
「あんな凄いことはガンジーだからできるんだよ」ってみんなが思う、そういう今までの英雄像ではなくて、「それだったらうちでもできる、よっしゃー」って、「うちの近所にもそれ持ち帰ろう」っていう人が、いっぱい発生するストーリー作り、っていうのが結構この『シティ・リペア』で、マークやマットたちが重視してることだと思うんですよね。

だからそういう意味でぐるっと、ダムの撤去って一体どうやってやったんだろうっていう、映画の中では結構端折ってた部分っていうのが、実際はこういう精神性に則ってやってくと、例えば「安倍総理ふざけんな、ダムどかせー!」とかって言っててもなくならないけど、なんかそのアクティビズムを違う方向にいこうとしてて、多分なんかそこに糸口が欲しいと思っている人たちが今日も集まったり、『パーマカルチャー』って何だろう? とか、「それって結構100年前からある、日本の百姓がやってることと変わらないじゃん」とかっていう色んな気づきを経て、今、僕らが、まぁソーシャル・リペアであったり、ヴィレッジ・リペアであったり、水車のリペアをしてる人もいますけど、
そういう形で動きだしているんじゃないかなと思います。

(三宅洋平マガジン「感覚と科学」33号『ダムネーション』上映会 三宅洋平 × マット・ビボウ トークセッション(文字起こし)』より抜粋)



おすすめポイント
✔️テキストだけではないマルチコンテンツメルマガ
✔️三宅からこまめに「直メ」が届くことも
✔️大切なことの殆どは、メルマガに書いてから発信


著者プロフィール


三宅洋平

●三宅洋平
トライバルなレゲエロックバンド犬式(INUSHIKI)や、フリーロックバンド(仮)ALBATRUSのヴォーカル・ギター。心揺さぶる即興のライム、身体踊らすジャム演奏、そして湧き上がる観客の熱狂は、数々の伝説を生んだ。時代をとらえる彼の感性は、歯止めの効かない資本主義からの脱却を唱えてきた自らを、国政の舞台へと導く。彼の選挙演説は「選挙フェス」と名打たれ、社会現象に。2013年参院選では緑の党の比例区で17万票、2016年参院選では山本太郎推薦で東京選挙区から立候補し、都民の40人に1人となる25万票を集めるも落選。これまでの政治を担ってきた右派にも左派にも寄らない、多様な政治のチャンネル作りを目指す「NAU(日本アーティスト有意識者会議)」主宰。パーマカルチャーや山村復興をベースに、新しい生き方を表現し続けている。2017年、原点である犬式の活動再開を宣言し、8年ぶりの本格再始動。




YouTube
過去配信のバックナンバーCMを観ることができます。(6本)
https://www.youtube.com/channel/UC21P9FG3eyBXT1MuIulELOg/videos



Instagram
過去のバックナンバーのフレーズ抜粋したバナーを観ることができます。
https://www.instagram.com/miyakeyoheiinfo




三宅洋平オフィシャルブログ「三宅日記」より
本人の言葉でバックナンバーを振り返っています。

三宅洋平マガジン「感覚と科学」が、 「まぐまぐ大賞2017 新人賞部門第3位」 なるものを受賞。
https://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12337492546.html


この商品のレビューはまだありません。



あらえびす

ギフトセット

マグちゃん

チクノキューブ

れなりグリーン

ふんどし

えがおの力

Bee Eco Wrap

手葉

ヘンプCBDオイル

SHAKTI STONE

会員制メルマガ感覚と科学

DJ SAYAKASTAR

オリジナルアパレル卸

犬式オフィシャルグッズ

パーマカルチャー

小森温泉前店





その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 10:00〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間 10:00〜17:00 定休・日曜日

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>