『世界超恐慌の正体』安部芳裕[著]

972円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

《「陰謀論」で思考停止しないために》

 なんで原発は動いてしまって、戦争は起こされてしまうのか。

 「陰謀論」とか「陰謀史観」というラベリングによって、話題にすることを避けがちな「世界の構造」。それは陰謀でも何でもない、国際的な大銀行を中心とした「輪切りにした世界の経済構造」であり、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を背景とした権力構造とその歴史でもあります。

 グローバルな金融至上主義の成り立ち、歴史、それら全てを俯瞰した上で初めて、開国以降の日本が置かれている立場が理解できます。膨大なデータ、発言がまとめられた「新時代を生き抜く」ための教科書。

 「事実」を知っておくと、消費行動も、働き方、生き方も変わってくる。

(店主)


ー戦争の目的が「支配」であるとすれば、現在の戦争はコーポラティズム VS 国民国家のステルス・ウオー(見えない戦争)と言えます。コーポラティズムとは、大企業と政府が一体になった国家運営体制を指し、この体制下では必然的に政府と癒着した一部の大企業・株主・経営者に富が集中します。それを打破するには我々国民を主権者とする国民国家の権力=国家権力を使うしかありません。世界中で繰り広げられている1% vs 99%の戦いは、そのままコーポラティズム vs 国民国家の戦いであり、この最終戦争に負ければ、私たち99%側の人類は「自分たちの社会を自分たちで決める権利」を失い、単なる金儲けの道具として奴隷のように扱われる社会で生きていくことになるでしょうー



【問題解決の鍵は「通貨発行権」・金融から世界を読み解く全国民必読の書】

第一章 コーポラティズムの源流を探る
第二章 世界を席巻するコーポラティズム
第三章 国際金融資本に乗っ取られたアメリカ
第四章 翻弄され続ける日本
第五章 世界の二大リスクー世界超恐慌
第六章 世界の二大リスクー中東大戦争
第七章 日本の三大リスクー原発
第八章 日本の三大リスクー消費税増税
第九章 日本の三大リスクーTPP
第十章 政治と通貨発行権の民主化を実現しよう


作者・阿部芳裕(あべ・よしひろ)
作家。ソーシャルアクティビスト。
環境問題の根幹にあるのは経済システムの問題だとの認識からオルタナティブなお金である地域通貨に希望を見出す。1999年に地域通貨グループ「レインボーリング」を立ち上げる。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGO などで数多く行ない、その実践もサポート。
持続可能な自立型経済の構築をテーマに情報を発信している。
サステイナブル経済研究所所長。
99%の人のための社会を創るプロジェクト、Project99% 代表。
http://project99.jp/


著作に『だれでもわかる地域通貨入門』『ボクらの街のボクらのお金』『金融の仕組みは全部ロスチャイルドが作った』『金融崩壊後の世界』『国際銀行家の地球支配/管理のしくみ』『みんなが幸せになるお金の話』『原発大震災の超ヤバイ話』「原発震災後の日本の行方〜知られざるTPPの真実』などがある。
この商品のレビューはまだありません。






































その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間10時〜17時

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>