和暦日々是好日|二〇十八年|旧暦手帳

2,484円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

時代と共に稀薄となった月と太陽のリズム、そして自然との共生を取り戻す手助けとなる。そんな手帳・日記帳です。


掲載期間は2018年2月16日から2019年2月4日。

太古から連なる月と太陽の時間である『旧暦』と、
世界中で広く採用される『西暦』が一冊に調和しています。

2018年の和暦の元日である西暦2月16日から始まる、
月の満ち欠けに沿った見開き8日のレイアウト。
そうすることで、

新月〜上弦
上弦〜満月
満月〜下弦
下限〜月隠り(新月)

の月の変化を見開きで一目で理解出来るようになっています。

しかし季節の移りとは、
月と太陽、そして月日という数字だけで感ずるものではありません。

この手帳には二十四期節気、七十二候、雑節、などにとどまらず、
季語、俳句、和歌、江戸期の図版、禅語などのコラム、
自然農の十二ヶ月、草花と虫の共生関係、占星術、
まで広く網羅しており、もはや読み物としても面白い。

さらには随所随所に差し込まれたイラストが、
季節に対する深い理解をもたらしてくれます。

当たり前に過ごしてきた、春・夏・秋・冬を、
より美しく、充実した時間にすることができる。
そんな手帳、日記帳です。

〜二十四期節気とは〜
一年を二十四等分にして名称を付したもので
日本人の季節感を支えてきました。

〜七十二候とは〜
二十四期節気を初候、次候、末候の三つに分けたもの
動植物の営みや、気象の変化を端的に捉えた短文となっています。
例えば、二十四期節気『雨水』の末候は西暦2月28日から始まる
「草木、萌え動る(そうもくめばえいずる)」です。

〜雑節とは〜
季節の移りのより正確な理解の為に設けられた、特別な暦日
『節分』や『お彼岸』『入梅』もこれにあたります。

和暦から西暦へどのようにして代わっていったか、
そして暦は生活にどのように結びついてきたか、について、
詳しくはこちらのブログ記事もご参照ください。
『あたらしくてなつかしい経済の物語り』(2)「和暦について」


 【重量】178g
 【サイズ】182 x 129mm


和暦6月(西暦8月)に挿入された甘酒のコラム。
日本の風習と文化、そして効能をシンプルに解説。



さりげなく挿入される動植物のイラストと、
川柳に俳句。



この商品のレビューはまだありません。





・お買い上げ頂いた先着200名様に『DEAL 4号』をプレゼント。



































その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間10時〜17時

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>