野口のタネ|晩生広島菜|日本三大漬菜の一つ

308円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

慶長2年(1597年)に安芸藩主福島正則の供が京都から持ち帰った漬け菜が発祥という伝説があるが、明治初年からという説もある。




名称:晩生広島菜 ばんせいひろしまな・Late Hiroshima-na ・ Brassica rapa
内容量:8ml,約2000粒
蒔きどき:春、秋
種子加工:なし
種子消毒:なし



特 徴


九州の高菜、信州の野沢菜と並ぶ日本三大漬け菜のひとつ。葉柄の幅が広く濃緑で半開張性。葉面は平滑で茎葉ともに柔らかい。生育旺盛で栽培容易。



用 途


塩分濃度一、二%の塩水で三、四日粗漬けした後よく洗い、水気を切って塩・昆布・唐辛子で三、四日漬け込む(米糀粕も使う場合がある)と広島菜漬の出来上がり。ご飯を巻いて食べるとおいしい。



育て方、タネの取り方


● 主産地:広島県
● 採種地:福岡県
● 収穫期:冬の味覚である
● 播種期:8月下旬〜9月蒔き 春蒔き(トウ立ちを防ぐには4月以後)も可能。
● 発芽適温:15℃〜20℃
● 生育適温:10℃〜25℃

● 栽培法:一か所に5粒ぐらいづつ点播し、順次間引いて一本立ちにする。苗の育て移植する場合は、本葉4枚で120cm畝に株間30cmで二条に定植する。中間地、暖地では四月以後の春までも可能だが、耐暑性に劣り、低温感応性も敏感でトウ立ちしやすいため、夏〜秋巻きして冬に収穫するのが一般的。

● 播種法:タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き。またはバラ蒔き。
● 覆土:普通 (通常タネの厚みの2、3倍)水気さえあれば生える。
● 採種法:菜の花を咲かせ、莢に実がいったら刈り取り、莢から種子を外し乾燥する。自家不和合性なので同品種を複数株用意することと、他のアブラナ科野菜との交雑に注意。
● 発芽検定月:2017年6月 
● 発芽率:85%以上確認
● 種子寿命:一般菜類に準じ常温で2〜3年(やや長命の部類)
● 休眠:種子が完熟し乾燥した後は、休眠期は無い。
● 種子保存法:よく乾燥し、密閉容器に入れ冷蔵庫など低温低湿度の場所に。

※注意事項
1:種子を食用、飼料用に使用しないで下さい。
2:小児の手の届かない場所に保管して下さい。
3:直射日光を避け、涼しい所で保管して下さい。



野口勲氏プロフィール

野口のタネ・野口種苗研究所代表
1944年生まれ。
全国の在来種・固定種の野菜のタネを取り扱う種苗店を親子3代にわたり、埼玉県飯能市にて経営。
伝統野菜消滅の危機を感じ、固定種のインターネット通販を行うとともに、全国各地で講演を行う。
著書に「いのちの種を未来に」「タネが危ない」、共著に「固定種野菜の種と育て方」等。
家業を継ぐ前には、漫画家・手塚治虫氏の「火の鳥」初代担当編集者をつとめた経歴を持つ。
野口のタネ・野口種苗研究所(http://noguchiseed.com/)



タネが危ない!わたしたちは「子孫を残せない野菜」を食べている。


いま世界の農家で使われているほとんどのタネが「F1」と呼ばれる一世代限りしか使えないタネ。そしてF1の中でもオシベがない「雄性不稔」と呼ばれる、生物学的には異常なタネが増えていると言います。
食糧生産の効率化のために増え続けるF1のタネ、私たちの食の安心や安全は守られているのでしょうか?

---- 雄性不稔植物を使ったF1種の作り方 ----

まず改めて簡単に用語のおさらいです。
 
● F1種:異なる性質を持つタネを、人為的に掛け合せてつくった、雑種の一代目のこと。異種を掛け合せてつくるイイとこ取りの種です。

● 除雄:作物が自家受粉(自分の花粉で受精すること)しないように雄しべを手で取り除くことを言います。
F1種は「雑種」であるため、自家受粉されては目的の雑種がつくれないため、除雄が必要になります。

● 雄性不稔:植物の葯(やく)や雄しべが退化し、花粉が機能的に不完全になることを言います。人間で言えば、男性側に原因のある不妊症と同じです。

---- 雄性不稔植物はどのように生まれるのか? ----

とても便利な雄性不稔植物ですが、どのように生まれてくるのでしょうか?

ズバリそれは、突然変異によるミトコンドリア異常によって生まれてくるのです。

ミトコンドリアとは簡単に言えば、細胞のさまざまな活動に必要なエネルギーのほとんどを、直接あるいは間接的に供給する器官です。この、生物にとって必要不可欠なミトコンドリアに異常をきたすことによって雄性不稔植物が生まれてくるのです。

つまり、今私達が口にしているものの多くは、このようなミトコンドリアに異常のある野菜ということになります。このような異常のあるものを食べて続けても体への影響は無いのでしょうか?



タネをつなごう

固定種とは、「固定された形質が親から子へ受け継がれる種」のことを言います。 つまり、親としていいものを選んで選別淘汰していき、そのいいものを遺伝的に固定していき、安定したものを栽培していくということです。
それが京野菜などの伝統があり、個性を持った野菜として根付いています。

固定種の利点は、遺伝子が固定されているため、自家採種が基本的に可能であること。

野菜を成熟させて、種まで採ることは決して簡単なことではありませんが、私たちが食べているお野菜たちの一生を見守ることができるのはとても素晴らしい体験になるでしょう。

野菜たちは私たちに食べられるために育つのではなく、種を残して子孫を繋ぐのが彼らの一生です。種を残したいという植物たちのエネルギーは凄まじく、全く違う姿になるものもあります。そんな姿を見ることによって、改めて食べもののありがたさを感じることができるでしょう。

この商品のレビューはまだありません。




・お買い上げ頂いた先着200名様に『DEAL 4号』をプレゼント。



































その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間10時〜17時

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>