有機エクストラバージンオリーブオイル|250ml|トレリ・アグリコルトーレ

1,710円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

最もシンプルな原生のエクストラヴァージン。
南イタリア原生種のオリーブを原生地で栽培した最も純粋なオリーブオイル。
完全有機栽培だからできる、品質の保証と環境の保全。
伝統のコールドプレスで収穫。
ポリフェノールの天敵である熱を加えずに石臼でプレス。
全行程を20度以下、1時間以内で完了させたオイルはそのフルーティーさからオリーブのジュースと呼ばれています。




プーリア地方原生の品種のみを無農薬で単一栽培。
トレリ農場は街からできるだけ遠く、現代文明の影響の少ない国立公園の丘に位置しています。

目指したのは最も純粋な本来のオリーブオイルの味。
TORELLIでは植樹、プレス、ボトリング、配送全てを自社管理し、常に高い品質の商品を約束いたします。




有機エクストラバージンオリーブオイル
【原材料名】 有機栽培オリーブ
【原産国名】 イタリア(プーリア地方)
【認定】日本有機栽培認定食品(有機JAS), ヨーロッパ有機栽培認定(AB)
【保存】直射日光を避けて常温で保存して下さい。
【輸入者】株式会社トレリ
【内容量】250ml (229g)
※開封後は冷蔵庫で保管し、なるべく早くお召し上がりください。
※ノンフィルター製法のため、沈殿物が生じる場合がございますが、これは果実の繊維分で品質には問題ございません。




原生品種を原生地栽培 CORATINA種

私達が栽培しているオリーブはCoratina種(コラティナ種)と呼ばれ、質の高いオリーブオイルの産地として有名なCorato(コラート)の街が名前に由来します。
収穫量は他品種に劣るものの、実の酸度の低さと生命力の強さから有機栽培のエクストラヴァージンオリーブオイル生産に適しており、イタリア内でも人気の高い品種です。





私達が栽培しているオリーブはCoratina種(コラティナ種)と呼ばれ、質の高いオリーブオイルの産地として有名なCorato(コラート)の街が名前に由来します。
収穫量は他品種に劣るものの、実の酸度の低さと生命力の強さから有機栽培のエクストラヴァージンオリーブオイル生産に適しており、イタリア内でも人気の高い品種です。

TORELLI農場ではこのCoratina種のポテンシャルを最大限に引き出すため、品種原生の地であるCoratoから程近いアルタムルジャ国立公園エリアで栽培をしています。

有機栽培
〜木を、環境を大切にするという事〜






オーガニック食品は農薬、化学肥料を使わない事で人々の暮らしをより健康なものにします。しかしTORELLI農園ではそれは結果に過ぎず、真の有機栽培の目的ではないと考えます。

人間が薬を服用し続ける事と一緒で、農薬、化学肥料の長期使用は植物本来の生命力を弱らせます。生産力は安定しますが、生命力が弱った植物を維持するには過度な耕作、剪定、害虫駆除、開拓によって周囲の環境バランスを崩します。

まず植物本来の生命力を上げること。
薬を使わずともバランスが維持される環境を保全すること。

これが有機栽培の真の目的と私達は考えます。

*TORELLI EVOOはEU、日本(JAS)から有機認定されています。



伝統のコールドプレス
〜オリーブジュース〜





おいしいオリーブオイルは酸度の低さが命、本来のオリーブのコクとフルーティーさが楽しめます。
しかし収穫したてでは低い酸度も、枝から離れた実の状態では時間と比例して上昇します。
TORELLI農園ではその日に枝から離れたオリーブは必ず昼までにプレス、酸度を可能な限り抑えます。





ポリフェノールの天敵である熱を加えずに石臼でプレスしていきます全行程を20度以下、1時間以内で完了させたオイルはそのフルーティーさからオリーブのジュースと呼ばれています。





ボトリング
〜品質に万全を期す〜






プレスされた後のオイルはすぐにイノックス鋼の容器に移され1ヶ月不要な水分を沈殿させた後ボトリングされます。
詰め作業はオーガニック製品を取り扱う認定を受けた自社倉庫で行い、丁寧に密閉、梱包された後すぐに日本に送られます。
植樹から製品発送まで全ての工程を自社で完結させるからこそ、自信をもって高品質を保証します。








TORELLI AGRICOLOTORE


保有する農園は全てEU、アメリカ、日本(JAS)有機認定がされております。
アルタムルジャ国立自然公園に隣接しているので土壌の状態も良く、近隣農家からの農薬流入もありません。

有機栽培にあたって重要なのは植物自体の生命力を高め、病気や不足の天候不順に備えることです。
特徴的な取り組みとしては、耕起をできるだけ避け、有機堆肥を頻繁に散布する事です。
南イタリアの夏は長く、強烈な日差しは極度に土壌を乾燥させてしまいます。
耕起を行わず下草を一定量残す事で土に直接日差しを当てない事、また有機堆肥を追加して有機物の分解を促進します。
不耕起栽培は同時に地中へのパイプ埋設を可能にします。


この商品のレビューはまだありません。






































その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間10時〜17時

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>