伯州綿コーヒーフィルター|円すい|M|天と地のあいだ研究所

2,268円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

国内で育てた伯州綿を手紡ぎで糸にし、手織りされた布で手間ひまかけて作られたコーヒーフィルターです。




縦糸(たていと)と縫製糸、ネーム糸も全てオーガニックコットンで、手織りする際の糊付けには国産自然栽培の胡麻油を使用しています。水でさっと洗い流せてお手入れも簡単で、繰り返しご使用いただけます。太陽の恵と人の手に宿る『いのち』が織りなす物語はコーヒーの味わいを一層深くしてくれることでしょう。


ご使用前に…
開封後はコーヒーフィルターを弱火で10分程度煮出して、アクを抜いてください。
アク抜き後、水で洗い流して水気を絞って下さい。
ご使用後は水で洗い流し、形を整えて風通しの良い場所で乾燥させてください。

2回目以降は…
フィルターに水分を含ませて柔らかくした後、よく絞ってから形を整えてご使用ください。



【原材料】
たて糸:外国産オーガニックコットン
よこ糸:伯州綿 100% 

Sサイズ 1-2cup
Mサイズ 3-4cup
Lサイズ 5-6cup




※漂白処理をしていないため、黒い小さな綿かす(葉や茎)が
ついている場合がありますが、洗うたびに減っていきますので、予めご了承ください。

伯州綿

伯州綿(はくしゅうめん)は浜綿とも呼ばれ、今から300年以上前の江戸時代前期に、鳥取県西部・伯耆国(ほうきのくに)で栽培が始められたと言われ、かつては北前船によって一大産地として全国に名を馳せた境港市の特産品であり、今でも江戸時代から続く、国指定の伝統的工芸品「弓浜絣」の主原料として用いられています。
 特徴は、繊維が太く弾力性に富み、保温性にも優れており、絣はもちろんのこと布団の中綿としての評価も非常に高い良質な綿です。
 境港市は、「伯州綿」の復活を目指し、平成20年度から耕作放棄地を利用して「伯州綿」の栽培に取り組んでいます。栽培サポーターの市民とともに栽培を行い、かつてと同様、農薬・化学肥料を使っていません。



天と地のあいだ研究所
代表しまだみわこ

1983年生まれ。冷えとり健康法を知ったのをきっかけに、天然素材のすばらしさを知る。

一枚の服が手元に届くまでの道のりには様々な背景があることを知り、着る人だけでなく作り手や自然環境にもできるだけ配慮した衣を作ろうと「天と地のあいだ研究所」を設立。肌着でセルフケアできるようなからだをいたわるインナー「○planter」(ワンプランター)を展開する傍ら、綿(伯州綿)の産地であった境港市へ2015年春に移住。綿栽培しながら衣づくりをする。

○planter(ワンプランター)は「うつくしい地球(ほし)に捧ぐ よろこびのたねをまくものづくり」がテーマ。

この商品のレビューはまだありません。

その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>