種子法廃止 『タネがあぶない!』日本の種子を守る会[著]

21円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

私たち日本の食を支えてきた、米・麦・大豆。
これらの「主要農作物」を安定供給するために、優良な種子の生産・普及を「国が果たすべき役割」と定めていたのが
種子法(主要農作物種子法)です。
この法律の下、日本では、各都道府県で地域に合った多様な品種が開発され、国内で生産されるコメの種子は100%自給してきました。
しかし、国は、この法律の存在が「民間企業の参入を阻害している」として、突如、種子法の廃止を閣議決定。
十分な審議も農業関係者への説明もなく、廃止法を可決、成立させてしまいました。
これにより、種子法は2018年3月末日に廃止されます。
(日本の種子(たね)を守る会)



種子を未来の世代に手渡そう!
種子を人々の共有財産として守っていくために、
全国各地で取り組みを広げませんか?

学習会を開いて仲間を増やそう!
地方議会、知事に意見を出して都道府県を動かそう!
公共品種を守る法律を議員立法で作ろう!


種子法廃止に伴い発生した問題点と対応すべく設立された団体
『日本の種子(たね)を守る会』

コメや麦の安定供給を縁の下で支えてきた「種子法」
今回、突然廃止されることが決まった種子法(主要農作物種子法)により、
今後日本はどうなっていくのか?

農業従事者だけの問題ではありません。

我々国民にも大きく関わってくる問題です。

種子法廃案で起こりうる問題
種子生産の公的な支えがなくなる。
種子の価格が値上がりする。
種子品種の多様性が失われる。
多国籍企業の影響が強まる。

このリーフレットには、これら問題の具体的内容が掲載されており
様々な業界の方からの声をまとめています。



突然廃止された種子法


国や都道府県の責任を定めた法律がなくなり、
民間企業任せにして、
果たして日本の食を支えられるでしょうか?

多種多様な米に代表される日本の食に、
大きな影響を与えてしまう可能性があります。

これは農家に限らず、
消費者にとっても大きな問題です。

種子は、先祖代々、多くの人たちが自然とともに育んできた『共有財産』。

種子がなくなれば私たちは生きていくことができません。
その共有財産を守る法制度が不可欠です。

安心できる食を守るためにも、
そして、未来の世代にしっかりと種子を手渡すために、
種子を守る新しい法制度を一緒に作りませんか?



「10部、20部と求めて、周りの人に配ってほしいです。」(店主)








日本の種子(たね)を守る会
この商品のレビューはまだありません。

その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>