『平和ってなんだろう -軍隊を捨てた国コスタリカから考える-』足立力也 [著]

799円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

「軍隊をすてた国」として注目を浴びる国、中米コスタリカ。人々が考える平和とはどのようなものなのか? 公正な選挙システムや教育制度、憲法小法廷、塀のない刑務所、窓口負担無料の医療制度、環境保護活動などを紹介。民主主義や人権を重視する社会の中で育まれる人々の意識を探りながら、平和とはなにかを考える。



平和ってなんだろう

「軍隊をすてた国」として注目を浴びる中米コスタリカ。コスタリカの人々は、どのようにして軍隊のない社会を築いてきたのでしょうか。

コスタリカで暮らし、人々の平和に対する意識を探り続けてきた著者が、民主的な選挙システムや医療・教育制度、環境保護への取り組みなどを紹介しながら、民主主義、人権、環境をキーワードに、「平和」とはなにかを問いかけます。


【ページ数】 186ページ
【出版社】 岩波書店
【発売日】 2009/5/20
【サイズ】17.2 x 10.6 x 1.8 cm


足立力也

日本で唯一のフリーランス・コスタリカ研究家、平和学・紛争解決学研究者。北九州市立大学非常勤講師(国際関係学・平和学)

1973年 福岡市西区(現早良区)生まれ。
1987年 西南学院中学校の社会の授業(公民)にてはじめて「コスタリカ」という単語に出会う。
1992年 留学先のカナダ・バンクーバーからコスタリカへ初渡航。国会を訪問し、大統領秘書官と懇談。経済政策について「なんでもそこそこが一番」と語る彼女の言葉に驚き、コスタリカ研究を始めようと決心。
1996年 論文の資料集めのため、コスタリカを再訪。
1997年 立命館大学大学院国際関係研究家博士課程前期課程修了(国際関係学修士)。プログラマーとして1年半のサラリーマン生活を送る。
1999年 コスタリカへ移住、国立ナシオナル大学大学院博士課程にて研究。
2001年 帰国後、ドキュメンタリー映画「軍隊をすてた国」のアシスタント・プロデューサーを務める。
2002年 「平和をつくる教育 『軍隊をすてた国』コスタリカの子供たち」出版(岩波ブックレット、共著/早乙女愛)。
2004年「コスタリカを知るための55章」(明石書店、国本伊代編)出版。「みどりの会議」公認候補として参議院議員選挙全国比例区に立候補。
2006年「学力を変える総合教育」(鬼沢真之、佐藤隆編)に寄稿。
2009年「丸腰国家 軍隊を放棄したコスタリカ・60年の平和戦略」(扶桑社新書)出版。同年、「平和ってなんだろう 『軍隊をすてた国』コスタリカから考える」を出版。
2014年「緑の思想」(幻冬舎ルネッサンス)出版。

全国各地で講演会をこなすかたわら、DJライヴイベントなども主催し、これまでとは違う「へいわ」の概念や表現方法を広めている。また、ピースツアーガイドとして、コスタリカやキューバへのツアーも企画。

福岡県在住。
アジア太平洋緑の党連盟運営委員。

この商品のレビューはまだありません。






































その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間10時〜17時

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>