SPECTATOR|野生のレッスン|Vol.28

1,028円
※この価格には消費税8%が含まれています。
※別途送料がかかります。

特集 : 野生のレッスン

野を知り、野を食べ、野に生きる。
「野生」を日々の暮らしに取り入れる方法を、
京都市在住のワナ猟師、三匹の豚を飼い喰いした女性作家、
DIYムーヴメントを牽引する
雑誌編集長らとの対話の中に探った特集。

ほかにもアウトサイドな感性を刺激する記事が満載



CONTENTS

■ 夢の自給自足生活
漫画/和泉晴紀

■ 猟師の世界
『ぼくは猟師になった』著者 千松信也インタビュー
取材・構成/青野利光 赤田祐一
イラストレーション/黒川知希

■ 手作り志向のまち「藤野町」探検記
文/赤田祐一
写真/伊藤和馬

■ 失われた「自然」を求めて
『飼い喰い』『身体のいいなり』著者 内澤旬子インタビュー
取材・文/神田桂一
写真提供/内澤旬子

■ 「脱中心化」という新しいクリエイティヴ
マーク・フラウエンフェルダー(ジャーナリスト・『Make:』編集長)
取材・文/野中モモ

■ ぐうたら自然農体験記
文/鶴見済
イラストレーション/藤原夏来

■ 本当のアウトドア・ライフとは、と考えてみる
文/芦沢一洋
イラストレーション/矢吹申彦

■ 日本のハイキングの「昨日、今日、明日」
〈ハイカーズ・デポ〉土屋智哉インタビュー
文・写真/三田正明

■ テラさんという天才編集者がいた
文・構成/赤田祐一



編集: 有限会社エディトリアル・デパートメント
単行本: 173ページ
出版社: 幻冬舎
発売日: 2013/9/2
サイズ: 24 x 18 x 1.4 cm



SPECTATOR is...

『スペクテイター』は、1999年に創刊した年3回刊の雑誌です。
ひとつのジャンルにとらわれず、地球上のあらゆる場所へ足を運び、気になる人と言葉を交わし、体験できることはやってみる。そうして手に入れた真実を、飾らない言葉で自由に表現できる存在であり続けたいという想いが、"見物人""目撃者"という誌名には込められています。

SPECTATOR is a Tokyo based culture magazine, published three times a year since 1999 by The Editorial Department Inc. Having editorial policy that gives useful information to people who intend to create alternative communities according to their own values and ideas. We have featured topics such as unique communities both inside and outside Japan, alternative perspectives in our society, essays on media and cultural studies, various magazines, music festivals throughout the world and so on.

この商品のレビューはまだありません。






































その他の情報はメルマガでもお届けしています

▶メルマガの受信はこちらから登録いただけます!

当店でのお買い物をされたことのない方、会員でない方も無料で受信できますので、お気軽にご登録いただけると幸いです!

オンラインショップ

24時間365日 注文受付中!

【カスタマーサポート】平日 9:30〜17:00
TEL: 0867-34-9030

店舗情報

営業時間10時〜17時 定休・日曜日

〒709-2404 岡山県加賀郡吉備中央町小森1883

配送について

・送料は、全国一律500円です。
★10,000円以上お買い上げで国内送料無料★

(産地直送便などの例外もございます。)

※ご入金確認(当日を含む)から5日以内(日曜日を除く)の発送です。
(クレジット・代引きをご利用の方はご注文から5日以内(日曜日を除く))
・お荷物の到着は発送より2〜3日が目安となります。

お支払いについて

手数料を弊社負担 手数料お客様負担
★クレジットカード
  • ・ゆうちょ
  • ・銀行振込(振込手数料)
  • ・代引(手数料500円)
  • ・コンビニ決済
    (手数料130〜800円)
>